2007年06月29日

2007年06月27日

扉の向こう側へ

今日は一枚の写真を御紹介します。

コメントを残して下さる方の中に、雨美(うみ)さんという方がいらっしゃいます。カベスリ〜の「扉を開けて」を気に入って下さり、偶然にも御自宅で同じ光景に出会われたそうです。その写真を拝見し、私はモニターの前でひっくり返りそうになりました。




何と美しい写真・・・




世界中のカベスリ〜ファンにも是非見て頂きたいと思い、ここに紹介させていただきます。
雨美さん、すてきな写真をありがとうございます。

雨美さんのHP「かげふみ」 http://kage-fumi.jugem.jp/
2007.06.26 の「扉の向こう側へ」というお写真です。

2007年06月25日

2007年06月24日

この歌声を届けたい

062407MD.jpg


今日は茨木市の音楽ホールへ。

関西エリアで人気急上昇中の声楽家、(HN)かずさ・つきこさんのソロ(だったらいいな)演奏会にお呼ばれしてきました。

ベッリーニ作曲、歌劇「カプレーティ家とモンテッキ家」より「ああ、幾度か」、そして小林秀雄「日記帳」の2曲を演奏。

彼女の歌が飛び抜けて素晴らしかったことは言うまでもありませんが、その透き通るようなクリスタルヴォイスを聴いていただける機会が余りにも少ないことに不満を覚えずにはいられません。もっともっとたくさんの人にこの歌声を届けるために、世界に広がるアベスリ〜ネットワークは策を練らねばなりません。

演奏会終了後、彼女の師匠であるアツコセンセイにもお会いすることができました。(もちろんアベスリ〜カードをお渡しました)

アツコセンセイはメゾソプラノで、その歌は豊かな経験の泉の中から一本の糸を紡ぎ出し、最小の力で繊細な音楽を織り上げていくイメージ。鳥肌がたちました。笑顔がカワユイです。

そんなこんなの、楽しいひととき。

モデル気分

緊急事態発生の連絡を受け、今日は午前中だけ会社へ。

首尾良く仕事を終え腹ごしらえのあとは、「シビル・ハイネン:テキスタイル・アートの彼方へ」を観に近代美術館へ行ってきました。

京都国立近代美術館はその存在すら忘れかけた頃、しびれるように素晴らしい展覧会をするのですが、今日はまさに大当たりの日でした。特にカベスリ〜の作品群を愛してやまない、世界に広がるアベスリ〜!!ファンにとっては、是非とも観ておきたい作品だと思います。


062307Sybil.jpg



1階部分のみの展示で作品数は多くないので、じっくり鑑賞するにはよかったです。あんまり熱心に観ていたからでしょうか、驚いたことに係員のおばちゃんが声をかけてくださり、写真をとってくださいました。「はい、そこに立って」「もうちょっと近づいて」「こっちむいて」「そこに寝転がって(床は白い人工芝なのです)」などと指示が飛び、私はすっかりモデル気分。こんなことができたのは、「舞台芸術の世界」という展覧会が同時開催されている関係で、ダンス・パフォーマンス「100年のステップ」がはじまる前だったため、お客さんがそっちに吸い取られていたという事情があったのです。ラッキー!

建物の外から1F、階段、2F踊り場をすべて使ったダンス・パフォーマンスも素晴らしく、ライブのもつ圧倒的な生々しさに単純に感動しました。


062307D-ribon.jpg

奇声を上げながら次々と箱から紙テープを取り出し、
クルクルほどいていく愛らしいパフォーマンス。



062307D-ribon2.jpg

さようなら〜



062307D-R.jpg

観客に赤いテープを巻き付けて投げキッス。
向こうに見えるクラリネットのおねえさんの座り方が素敵だ。


062307D-Cl.jpg

全員集合。クラリネットのおねえさんはとても楽しそう。


062307Sybil2.jpg

2007年06月23日

空屋

062207Soraya.jpg


くださいな

茜ひとつに 藍ふたつ

あなたの愛も

おまけしちょくれ

2007年06月22日

2007年06月21日

ふたりで鴨川に行こう、真夏の水辺に行こう [馬場俊英 - 鴨川 -]

062107Kamogawa.jpg


今日はずっと楽しみにしていた福島大学、飯田史彦先生の講演会。
 『生きがいの創造〜医療・福祉・教育分野におけるスピリチュアル・ケアの有効性と問題点』

有給休暇を取り、準備万端のはずだったのだが・・・

浮かれ気分で京都大学へ。「生きがい論」三部作を書かれたベストセラー作家がかなりつっこんだ話をするというので、遠方からわざわざ新幹線に乗って応援にやってくる人もいるらしい。

馬場さんのフリーライブでの教訓を生かし、1時間前に到着。続々と人がやってくる。
その時、

「飯田先生の講演会は、1階席、2階席、立ち見席、全て満席となりましたぁ〜」



















・・・・やられた。





「うそ!」「まじ?」「くやしー!」の声。
きっとこの中に遠くから来た人もいるんだろうな・・・





仕方ない。こういう時こそ「ブレイクスルー思考」だ!とばかり、
「今日の講演会は、私には必要のないものだったのだ。もっと重要なことに時間を使えということだ。」 と思うことにして、その場を立ち去りました。

カメラを持ってきて良かった。
おかげで、かなりポイントの高い物件を写真におさめることができました。

帰宅後、パリパリチョコモナカを食べながら読みかけの本を開き、キャンバスに少し筆を入れ、ブログを更新したらもうこんな時間だ!!

明日は真面目に仕事します。


追伸: 栗コーダーカルテットを教えてくれた、たむちゃんへ。アベスリ〜へようこそ!気に入って頂けるとうれしいです。 伝説の刷り師にして(以下省略)、王朱剣へ。今日も一日ごくろうさん。

2007年06月19日

2007年06月18日

2007年06月17日

そらめくり

061607Sora.jpg


梅雨に入った途端に、カラリと晴れ上がった。

今日はギャラリーコクトーで山本容子さんの銅版画を見てきました。
う〜ん。やっぱりいいね、本物は。 見れば見るほど作りたい!

そのあとは、カベを訪ねて三千里ほど歩き、ブエノス・アイレスのセブンイレブンで黒酢ドリンクを買って帰りました。

ひこうき雲の多い一日。

2007年06月16日

2007年06月15日

2007年06月13日

2007年06月12日

2007年06月11日

2007年06月10日

2007年06月09日

2007年06月06日

2007年06月05日

2007年06月04日

2007年06月03日

タテタカコ Live@京都磔磔

060307Tatetakako.jpg


先日、タテタカコさんのライブへ行ってきました。

「神がかり」という言葉でしか表現しようのない圧倒的なパワーと表現力。
音が消える最後の一瞬まで張りつめる緊張感。

最新アルバム「イキモノタチ」で彼女の「さらけ出し度」は飛びあがり、音楽という手段を用いて修行をしているかのようにも思えます。こんなすばらしいアーティストの歌を生で聴けるなんて本当に幸せです。

また行きます。絶対に。

2007年06月01日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。