2007年05月13日

焼き印

051307.jpg



幸福論

「お遍路に行きたいな〜」と言ってたら、同僚のヨシム氏が「それならこれを読まないと!」と1冊の本を貸してくれた。


051307Koufukuron.jpg

「幸福論」 須藤元気 著


私はスポーツ観戦をしないので、彼の名前も格闘家であることもこの本で始めて知ったのだが、これがなかなか魅力的な人物で、どんな試合をするのか見てみたいという気になった。

お寺をひとつひとつ巡りながら彼の考えたことが独特のジョークと共に語られ、スイスイ読むことが出来る。が、意外と深い。

メモ代わりに、印象に残った箇所を引用しておこう。

「今回気づいたのは、淡々と日常をこなしているように見える人たち。それは門前で商売をしている人であったり、黙々とうどんをゆでている人であったり、農家のおばあちゃんであったり、そうした人たちが、「日常生活」という名の修行をしているように見えた。実は、日々の暮らしこそが修行であるのかも知れない。」

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。